非司法書士調査

非司法書士調査の調査員募集のお知らせが来ました。

以前は毎年各法務局で司法書士会からお願いして

調査をしていたのですが、

現在は、法務局からの調査委託により、

司法書士法が守られているかどうかを、

調査することになっています。

従って、全ての法務局で実施されるわけではなく、

毎年指定された法務局で調査が行われます。

今年は地元の法務局が対象となったので、

協力依頼が来たわけです。

本人による申請がどのくらいあるかとか、

司法書士、弁護士による代理申請以外は業として行うと

司法書士法違反になりますので、

そのような申請がないかどうかとかの実態調査をするわけです。

司法書士法により司法書士が登記代理できるとされているのは、

司法書士は重要な権利に関する登記や、

複雑な会社に関する登記制度に精通しており、

国民の皆様の利益を守ることができるからとされています。

こう書いてみると、気を引き締めない訳にはいきません・・・^^;