2012年09月

集中化のメリット

会社の本店移転の登記は、移転先が同一管轄内ならば、

その法務局に移転の登記をすればよいのですが、

移転先が他の管轄になった場合、

双方の法務局に移転の申請をしなければなりません。

移転元の法務局を経由して移転先の法務局に申請することになっており、

結局、2通の申請書を移転元の法務局に提出することになります。

同一管轄内ならば、登録免許税は3万円、

他管轄に移転する場合は、6万円かかります。

ところで、埼玉県内の会社の登記はすべてさいたま地方法務局

本局が管轄になりましたので、

埼玉県内の本店移転は、1つの登記申請で済むようになりました。

登録免許税も3万円で済み、集中化のメリットといえるでしょう。

しかし、今回の依頼は、入間市から青梅市。

距離的には非常に近いのですが、埼玉の入間市から、

都内の青梅市に本店移転するので、

管轄が異なる本店移転ということになります。

この場合も、さいたま地方法務局本局を経由して、

東京法務局西多摩支局に申請。

例えると、すぐ近くの店に行くために、

わざわざ高速に乗って遠回りして出かける気分です。

なんだかなぁ・・・・^^;

ゴルジュ

「ゴルジュ」という言葉をご存知でしょうか。

切り立った岩壁にはさまれた峡谷のことを指す登山用語です。

名栗湖から棒ノ峰に上る途中の白谷沢では、

このゴルジュを見ることができます。

先週の日曜日に久しぶりに登ってみました。

道も整備されていますが、いわゆる遊歩道ではありません。

ルートを見つけながら登っていくわけですが、

簡単に見つかります。

この時期でも沢を上っていく間は涼しい。

これから秋になると紅葉もすばらいと思います。

都心から電車・バスを利用して1時間半ほどで

名栗湖まで着きますので、身近に見られるゴルジュを

是非見にいらして下さい。

 

探し物は・・・・

2ヶ月ほど前、チョッと見ておいて欲しいと言われた資料。

目を通して、会議で意見を伝えて終了したと思っていたら、

次の会議で使うので持ってきてもらいたいとの連絡が。

置いておいたはずの所に、大部分はあったのですが、

一部が見当たらない。

う~ん、記憶をたどると、前回の会議の時、

重要部分だけ持って行ったような気がする。

前回の会議の資料は・・・・

あれ、綴りに入っていない。

探し回ると、完了事件の資料と一緒になっていました。

これで、よし。

あ、サンプルCDもあったはず・・・。

パソコンの周りにCDが沢山あるのでその中には・・・ない。

暫らく探すと、何のことはない、

他の資料を置いてあった箱の横に落ちていました。

久しぶりに探し物で無駄な時間を使ってしまいました・・・^^;

自転車くらぶ

地元飯能をアウトドアスポーツの観光地にしようと、

奥武蔵ベースという組織が今年から色々活動しています。

前に参加したロゲイニングなどもここの企画です。

今回、「自転車くらぶ」という部会を設立することになりました。

「自転車で楽しく遊びながら、健康なカラダになって欲しい」

と考え、主にビギナー向けのツーリングなどを企画します。

通勤や通学にスポーツバイクやマウンテンバイクを利用していても、

ツーリングに行ったことがない方や、

自転車仲間が欲しいビギナーの方などの参加を募集。

目標は自転車で100キロを走る!

ここまで出来るようになれば、

自転車乗りとしてはビギナー卒業です。

第1回は9月23日。

詳細はこちらから→奥武蔵ベース自転車くらぶ

当日は私もスタッフとして参加します。

走った後は、ファミレスで交流会もする予定です。

興味のある方は是非、参加を検討してください。

今年自転車を買った〇〇さん、参加してね・・・^^;

非司法書士調査

非司法書士調査の調査員募集のお知らせが来ました。

以前は毎年各法務局で司法書士会からお願いして

調査をしていたのですが、

現在は、法務局からの調査委託により、

司法書士法が守られているかどうかを、

調査することになっています。

従って、全ての法務局で実施されるわけではなく、

毎年指定された法務局で調査が行われます。

今年は地元の法務局が対象となったので、

協力依頼が来たわけです。

本人による申請がどのくらいあるかとか、

司法書士、弁護士による代理申請以外は業として行うと

司法書士法違反になりますので、

そのような申請がないかどうかとかの実態調査をするわけです。

司法書士法により司法書士が登記代理できるとされているのは、

司法書士は重要な権利に関する登記や、

複雑な会社に関する登記制度に精通しており、

国民の皆様の利益を守ることができるからとされています。

こう書いてみると、気を引き締めない訳にはいきません・・・^^;