債権回収のパターン

さて、債権回収セミナーのレジュメもそろそろ本格的に

作成しなくてはならなくなりました。

今日は、相手方のパターンで分類してみましょう。

ポイントは3つ。

第一に相手方に誠意がある場合・・・・A、ない場合・・・・B

第二に相手方に定職がある場合・・・・C、ない場合・・・・D

第三に相手方に財産がある場合・・・・E、ない場合・・・・F

(続きを読む…)