遺言のポイント2

昨日の続きです。

5.遺言執行者

遺言をした人が死亡した後、その遺言を実現する人が

遺言執行者です。

遺言執行者を選んでおかないと、遺言自体の存在が無視される

可能性すらあります。

通常は相続人や受遺者がなる場合が多いようですが、

遺言の内容が偏っていたりする場合、

専門家を指定しておいたほうが実現がしやすいでしょう。

(続きを読む…)